蟲クロ散歩

mushikuro3.exblog.jp

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も

虫こぶ?

すっかり放置しておりますw

先月末に、河原でこんなんなってるヨモギ多数を発見。
a0130622_15401122.jpg


最初、遠目から見ると、アワフキの泡のようで。
なんでこんな季節に?と近寄ったら、『綿』!!?
a0130622_15414492.jpg

フカフカの、綿花のよう(見た目)
見れば、一帯のヨモギのほとんどに、コレが。

帰宅して、なんか調べるのも面倒で放置していた。
で、今、思い立って、
『ヨモギ 綿花 むしこぶ」で、ググッたら

出ました。(^_^;)

ヨモギクキワタフシ
見た目まんまの、ネーミングw
やはり、虫こぶでした。

張本人は『ヨモギワタタマバエ
ハエ、でした。体長3mmほど。

虫こぶというのは、外敵から守る手段なのだけど、
アワフキみたいなヤワなものだと、中から幼虫が
引きずり出されて捕食されているのを見たこともある。
(アワフキのは「虫こぶ」じゃあないけど)
あと、ホストごと、草食獣に食べられちゃうとか。

この、みっしりとした綿なら、カンペキだろう。
こんな綿、食べたい捕食者もいなかろうて。

なんて思ったら、違ったようだ。(^_^;)
この虫こぶを観察された方の手記を見つけて読んだら、
ものすごい確率で、寄生されていたそうだ。
寄生者は、これまた2mmほどの小さなハチ。
産卵管の長〜い寄生バチ(青くてキレイ)だった。

どんなに小さくても、生き物の世界は弱肉強食&知恵比べだ。
[PR]
# by mushikuro3 | 2012-09-14 15:53 | その他

大遠征

今年は(少なくとも、県央では)アブラゼミの
鳴き出しが遅かったように思う。

フツーは、梅雨明けと同時に大合唱が始まる。
それが今年は、梅雨が明けて、抜け殻が増えはじめ
飛んでる個体も毎日見るにもかかわらず、
ほとんど聞かずに8月に突入。

まったく聴かなかったわけではない。
単独では、時々耳にしていた。
けど、ホントにピンポイントで、そこを通り過ぎて
しまうと、もう聴こえない(鳴いていない)。

フェイスブックで、各地の友人たちに訊いてみたら
「そういえば、聴いてない」という人が。
北海道(札幌)に至っては、『もう何年も聴いてない』と。

調べたら、アブラゼミの生息域は近年変動していて
札幌周辺では、今ほとんど居なくなっているのだそうだ。

関東でも、そういう傾向にあるのか???
そんな考えがよぎったが、ここ2〜3日で
すっかり「いつもの夏」が復活。
元気にアブラゼミが合唱し始めた。

と同時に、もう、ツクツクボウシも鳴きはじめた。
ようやく「夏本番」を実感したと思ったら、
もう、「夏も後半」なの?!

そういえば、明日は立秋だったっけ。。。

さて、散歩中に見つけた、こんな抜け殻。
a0130622_23153553.jpg

この2匹は、同時に羽化したんだろか?(^_^;)

このイチョウの根元には、セミ穴が2つしかなかった。
写真左下にあるのが、それ。
そして、写真右上にあるのが、抜け殻w
a0130622_23193598.jpg


根元には、たくさんのヒコ生え。
その中から同じ1本を選んで登り、枝先まで行って羽化するという
確率は、どのくらいなんだろう?

けっこうワタシには、奇跡的な写真に見えるのだがw
[PR]
# by mushikuro3 | 2012-08-06 23:22 | 半翅

キアシナガバチ営巣

気が付いたのは、6月だったか。。。
軒下部分(ハシゴをかけないと届かない)に営巣。
中途半端に高い位置にあるので、簡単には届かないけど
その分、あまりこちらも神経質にならずに
巣の下を通ることが出来る(今のところ、だが)。

でも、巣の下の藤がまた繁って来たので
ちょ〜っと刈り込みたいんだよなー。
うーーーーーん。。。。。

ちなみに我が市では、スズメバチ類には
1万円の助成金が出るが、アシナガバチには出ない。

a0130622_2254405.jpg

↑7月17日撮影
現在では働きバチも続々と羽化して来ているようで
随時7〜8匹くらいが巣の見張り@幼虫のお世話を
している模様。
[PR]
# by mushikuro3 | 2012-07-27 23:02 | 脈翅・双翅・膜翅

ミツバチ分封

暑い日が続いてますね。
昨日は35度を超えた、神奈川県央です。

そんなクソ暑い朝、お隣りY家のお父さんが。
応対に外に出たら、あら、ナント!
辺り一面、ミツバチだらけ!


どうやら分封で移動中のミツバチが
ここらで休憩しようとしているようです。
休んでるコを見ると、西洋ミツバチでした。
a0130622_2216755.jpg



しばらくすると、集まって蜂球に♪
マックスで30cmくらいの、小さな群れのようでした。


ハチの駆除の場合、市の助成金が出るのはスズメバチだけ。
実は今、キアシナガバチが軒下に巣を作ってしまって
調べたばかりなので、それは知っていました。(^_^;)
そもそも、分封なのだから放っておけば、またどこかへ
移動して行ってしまうでしょう。
でも、何日くらい居るの?
このままウチの物置に営巣することもあるの???

アドバイスくらいもらえるかもと、市役所に電話してみたら
『分封』という言葉すら通じなかった。。。ダメじゃん!

なので自分でネットで調べたら、うちからクルマで15分くらいの
ところに、養蜂家さんが居ることが判明。
電話して、このまま放っておいても物置に営巣しないか
訊いてたら『うーん、作っちゃうかもねぇ』とのこと。(^_^;)

で、『獲ってやろか?』とのありがたいお申し出をいただき
早速、来て下さることに。
a0130622_2301729.jpg



本業は運送業の、今井さんです♪
地元のタウン紙にも載ったこともあります。^^
今は、運送業と養蜂家の二足のわらじw


ぞんざいに、手で「がさっ」と入れちゃってますwww
ちゃんと中に女王が入っているかどうかは、
2〜3日経って巣箱の中で落ち着いてから、開けてみないと
分からないそうです。(^_^;)
入ってなかったら、ウチの物置の中か?!

お騒がせなミツバチ一家は、軽トラに揺られて
新しいお家と共に、新しい環境に旅立って行きました。
残ったハチたちは、数日は物置周辺に居るそうです。
女王の匂い(フェロモン?)が付いているから。
a0130622_2373061.jpg



ミツバチの失踪・大量死は、世界的な問題ですからね。
理想の解決策が見つかってヨカッタです。

今度、今井さんのハチミツを買いに行こうっと♪
もしかしたら、ウチのあのミツバチたちが集めた蜜も
入っているかもしれないと思うと、ちょっとワクワク♪。
『今井養蜂場』の詳細は、こちらへ!
[PR]
# by mushikuro3 | 2012-07-18 22:25 | 動画

オオゲジ?

a0130622_14134233.jpg


クモの巣に揺れる、巨大脱皮殻。。。^^;
最初なんだか分からなくて、近寄ってよーーーく見ると
ゲジの脱皮殻だと分かりました。

大きいから、オオゲジ?
乾燥してクシャッと縮まった状態で、
4cmくらい(胴体部分のみ)か?

オオゲジは『関東以西に分布』だそうだ。
『千葉以西』との表記もあった。

見た目は「うぎゃーっ」だけど、
ゴキブリも食べてくれますよ。
かといって部屋の中に、ゴキかオオゲジか?と
居住の選択肢を迫られたら、ものすごく困るが。
[PR]
# by mushikuro3 | 2012-07-10 14:19 | その他

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も


by mushikuro3