蟲クロ散歩

mushikuro3.exblog.jp

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も

<   2009年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

忘れてた。。。

もう1匹、幼虫ww
ホシホウジャクお子さん
a0130622_021932.jpg

デカそうに見えるけど、まだ4cmくらい。
ホストは、ヘクソカズラ。
ヘクソカズラを食草にするのが居るんだから、
ドクダミで驚いてたらイカンなw
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-29 00:13 | 幼虫〜蛹

蛾の幼虫3種

カラムシに居たから、クロキシタアツバ(の、はず!)
a0130622_1653100.jpg

最近のカラムシは、寂しい。
あれだけ居たフクラスズメも居ないし。
いや。まだいっぱい残ってたらタイヘンだけどw


ドクダミを、バリバリ食べてたシャク。
オオトビスジエダシャク
地味だけど、さり気にカッコイイかも。
a0130622_1693959.jpg

食べてるところを動画で撮ろうとして寄ったら、
逃げる。。。
a0130622_1610204.jpg

逃げる逃げる。。。w
a0130622_16105113.jpg

ドクダミを食べるムシなんて、初めて会ったよw
a0130622_16121122.jpg


そして、『夏』の常連といえば、こいつ!
セスジスズメ
a0130622_1613657.jpg

例のごとく、歩道を爆走してたので
この後、摘んで強制撤去(薮の中へ)
少し前に、黒っぽい単色の幼齢に会ったのだけど
(例によってこれも爆走してた)その時は
デジカメ持ってなかったのよねー。残念。
やっぱ、夏はコイツに何度も会わないとね。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-27 16:19 | 幼虫〜蛹
最初、『脱皮殻?』と思った。

けど、1mに満たない何かの幼苗に
複数、付いていたので。。。
a0130622_15401148.jpg

老眼の身には、その場で観察ってタイヘンなんですヨ。
なので、帰宅してから写真をパソに落として
好きなだけ拡大して確認w

お。やっぱ、幼虫だ。
a0130622_1542588.jpg

イチモンジカメノコハムシの幼虫。
カメノコハムシ類の成虫は、ずっと会いたいと
思っているのだけど、フられっぱなし。

イチモンジはムラサキシキブの仲間を
ホストにしているそうだから、この苗も
まだ花が付くような大きさじゃないけど、
ムラサキシキブなんだろうな。
今度、1匹連れ帰って来て、
うちのコムラサキで育ててみようかな。。。

で。
この、けったいな恰好なんですが。
自分の脱皮殻や糞を、背負っております。
こんなんで、捕食者からの目くらましになるかは
甚だギモンではありますが。。。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-27 16:01 | 幼虫〜蛹

今朝の来訪者

朝、ベランダで連れ合いが
「見慣れないチョウが居る」と呼ぶので
庭を見下ろしてみると、、、

おっ。。。
a0130622_1257928.jpg

コミスジですた。

春に、いっぱい撮ったのに忘れたのだな。
けど、確かに住宅地で見かけるようなチョウではない。
わたしも、自分ちの庭で見たのは初めて。
a0130622_131410.jpg

ちっこいけど、タテハチョウ科。
なので、こうやって葉の上で開翅する
占有行動を、しばらくとってました。
庭に降りた連れ合いが、近距離から撮ろうと
近づいたので、何度も舞い上がるのだけど
すぐにまた枝先の葉の上に止まって、開翅。
の、繰り返し。

ホストはマメ科の、クズやハギ、フジなど。
うちの藤なら、いくらでも食べていいぞー。
卵産んでくれないかしらん。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-24 13:24 | 鱗翅

オーシンツクツク。。。

朝、洗濯物を干していたら、
2階まで伸びてるキンモクセイに
なにやら飛来する影。。。

すぐに鳴き始めたので判明w

ツクツクボウシ
a0130622_14374926.jpg

鳴いてたんだから、間違いなく♂
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-21 14:39 | 半翅

誰の仕業?

今の時期、
コナラの木の下を通ると、
実の付いた枝先が、たくさん落ちている。
a0130622_2211195.jpg


「ゆうべは、そんなに風が強かったっけ???」
最初は、そう思っていたのだが。

落ちた枝の、どんぐりを観ると。。。
a0130622_22124817.jpg

帽子の部分に、小さな穴が開いています。
犯人は、ハイイロチョッキリ
成虫には、まだ会ったことがありません。

チョッキリは、オトシブミ科ですが、
姿はゾウムシに似ています。
若いコナラのドングリに産卵した後、
枝ごと切り落とします。

どんぐりを食べて成長した幼虫は、
外に這い出て、土中で蛹化するそうです。

まずは、成虫に会ってみたいな。
a0130622_22275436.jpg

[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-20 22:28 | 甲虫

熊田千佳慕展

昨日、松屋銀座へ熊田千佳慕展に
行って来ました。
a0130622_15414319.jpg

会場限定図録も購入〜♪

平日なのに、とても混んでいました。
やはり先週亡くなったことで、メディアに
取り上げられ、注目を集めているのでしょうか。

中高年と、子供を連れたお母さんが
目立ちましたが、平日のせいもあり女性指数高し。
きっと皆、実生活ではムシなんか見て
キャーキャー言ってると思われ。。。

細かな体毛の1本1本、
関節の、ルーペで見なければ分からない
くぼみや突起に至るまで、極細の面相で
丁寧に丁寧に、色を重ねてありました。
その細部に至るまでが、熊田さんの生き物への
愛情の現れなのだろう。
「省略(ズル)したら、ムシに申し訳ない」とでも
いうように、納得の行くまで描き込まれた絵。

『80歳になって、それまで全然見えなかったものが
どんどん見えるようになってきたんです。
70歳のときはツルツルの葉っぱを描いていましたが、
よく見たら凸凹があることがわかったんです。
虫の羽根にも凹凸や模様がある。それを細かく
描き始めたら、とんでもなく時間がかかってしまって』
(昨年6月の 30ans のインタビューより)


小さな1匹のムシを描くために、
「命を削って描かれている」と思うほど、
思いの丈が注ぎ込まれている。

「レプリカが欲しい」と思った絵はいくつもあったけど。

これなんか、たまらんでした。
a0130622_15404615.jpg

オオクジャクサン(たぶん、ファーブル昆虫記から)
a0130622_161093.jpg


彩色してない、えんぴつの習作が
もうすでにそこで完成されてしまっていて、
これも「欲しい!」と、強く強く思ってしまった。
ラフスケッチなんて、ないんだもん。
パーツ別に、さらに描き込まれていたりする。
トンボの脚なんて、誰が気にするというのだろう。
一切に妥協がない。

前出のインタビューの中でも、
「(こどものための)絵本が嘘を教えてはダメだ」
と、絵本作家になった理由を話されてます。

a0130622_168747.jpg

ビアトリクス・ポターを思い起こしてしまった。
これは「絵」である前に、
『観察記録』なのかもしれない。

図録の他に、グッズも買っちゃった(^_^;);;;
a0130622_164109.jpg

イヌのポストカードと、一筆箋とチケットケース。
オトシブミの絵ですよw

おおまかでいいから、製作年月日と
画材(えんぴつと水彩だろうけど)も
書いておいて欲しかった。
って、フツー常識だろ。

来年の夏、横浜でもう一度会わねば。
『絵は売らない』人だったので、多くの原画が
御自宅に保管されているのだろう。
いつか「美術館」という形で、いつでも
わたしたちが観られる日が来たらいいなぁ。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-20 16:19 | その他

巻き巻き

コナラ(たぶん)の幼い苗に、
こんな芸術作品。
a0130622_21453036.jpg


ホシは、たぶん、このシトではないかと。。。
ヒメクロオトシブミ
a0130622_21474448.jpg

『真ん中の葉脈を残して巻くスタイル』で、
『コナラをホストにしている』ので、
おそらく、コイツなんじゃないかなぁ。

コナラをホストにしているオトシブミは
他にもアシナガオトシブミ等が居るのだけど。
この場所で観られるオトシブミ
っつーたら、まずはコイツだもんでw

オトシブミの「ゆりかご」は、スゴイ。
生の葉っぱを、あんなに小さく巻くこと自体
驚異的なのだが、接着剤もフックも付けないのに
巻き戻ることがないのだ。

絶妙な加減で主脈に噛み痕をつけて、少し葉を
萎びさせたり、巻き始めや巻き終わりに
神業とも云える、折り紙のようなテクニックで
折ったり被せたりを施して、ほどけることのない、
卵のためのゆりかごを完成させる。

1cmに満たない、小さなムシなのに。
(ヒメクロなぞは、たったの5mmほど)
ヒトが、20畳ほどの段ボールを独りで折ったり
巻き上げたりするようなものだろうか。

ゆりかごを作るのは、お母さんオトシブミ。
たいしたもんである。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-19 21:53 | 甲虫

ホソバシャチホコ

連れ合いが、週末出会った幼虫。

ホソバシャチホコ。まだ小さいな。
a0130622_11313233.jpg


複雑な模様が、とても美しい幼虫なのだが
親御さんは、思い切り地味。(^_^;);;;

せっかくの模様なんだけど、ピントが。。。残念。◯| ̄|_
a0130622_11331554.jpg

ホストは、ブナ科。
お持ち帰りしてもらいたかったな。。。
けど、3節目(緑色の部分後方)に、
寄生痕らしきものが観られるからなー。むーん。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-18 11:34 | 幼虫〜蛹
トウキョウヒメハンミョウは、とても小さい。
しかも地味だから、見落としやすい。
飛ばれてしまうと、もう分からない。

ムシに興味がない人だったら、
「アリ?」と思うかもしれない。
飛んでいる姿を見たら「ハエ?」と思うかも。

なので、撮るのが難しいんだよ〜っ!(^_^;)
オマケにマイフィールドの生息場所は、
足場が悪いのだっ!

昨日ワタシが撮った写真
a0130622_15304887.jpg

a0130622_15313452.jpg

比較対象物がないので、大きさが分かりませんね。
で、「足場が悪い」というのは、
a0130622_15355087.jpg

↑こんな場所です。
逆光写真ですんません。
まさに連れ合いが撮っているのが、上の写真のコです。

崖面に居たので、左手を崖について
柵から半身を乗り出して、片手で撮ります。
右手が、プルプルしますよ。
ほとんどが、ピントが合いません。
しかも、相手はすぐ飛んじゃうし。

たいへんなんですよ。

昨日は、帰りにウッカリ、3匹分のンコを
駐車場に忘れて来てしまい。。。(−_−;)
昼に連れ合いが取りに戻りました。

その時に撮ったのが、コレ↓
a0130622_15425741.jpg

脚の先が青く輝いてます。
こうやって、陽の当たる葉上にいつも
居てくれたらいいのにー。

で。
手前のイネ科植物に、カメムシ?が居ますけど。
この前会った、ヒゲナガカメムシかな?
トウキョウヒメハンミョウは、1cmに満たない。
ヒゲナガカメも、1cm未満。

乗っているのは、葛の葉。
こんなカンジ。
a0130622_15502495.jpg

葛の葉なら、たいがいの人が分かるだろう。
なので、縮尺が掴めるかな。

小さかろ?

って、それより。
このカメ、ちょっとでも動いたら
捕食されちゃうよね。
それとも、やっぱカメムシは嫌われるのかな。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-17 15:57 | 甲虫

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も


by mushikuro3