蟲クロ散歩

mushikuro3.exblog.jp

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も

カテゴリ:その他( 9 )

虫こぶ?

すっかり放置しておりますw

先月末に、河原でこんなんなってるヨモギ多数を発見。
a0130622_15401122.jpg


最初、遠目から見ると、アワフキの泡のようで。
なんでこんな季節に?と近寄ったら、『綿』!!?
a0130622_15414492.jpg

フカフカの、綿花のよう(見た目)
見れば、一帯のヨモギのほとんどに、コレが。

帰宅して、なんか調べるのも面倒で放置していた。
で、今、思い立って、
『ヨモギ 綿花 むしこぶ」で、ググッたら

出ました。(^_^;)

ヨモギクキワタフシ
見た目まんまの、ネーミングw
やはり、虫こぶでした。

張本人は『ヨモギワタタマバエ
ハエ、でした。体長3mmほど。

虫こぶというのは、外敵から守る手段なのだけど、
アワフキみたいなヤワなものだと、中から幼虫が
引きずり出されて捕食されているのを見たこともある。
(アワフキのは「虫こぶ」じゃあないけど)
あと、ホストごと、草食獣に食べられちゃうとか。

この、みっしりとした綿なら、カンペキだろう。
こんな綿、食べたい捕食者もいなかろうて。

なんて思ったら、違ったようだ。(^_^;)
この虫こぶを観察された方の手記を見つけて読んだら、
ものすごい確率で、寄生されていたそうだ。
寄生者は、これまた2mmほどの小さなハチ。
産卵管の長〜い寄生バチ(青くてキレイ)だった。

どんなに小さくても、生き物の世界は弱肉強食&知恵比べだ。
[PR]
by mushikuro3 | 2012-09-14 15:53 | その他

オオゲジ?

a0130622_14134233.jpg


クモの巣に揺れる、巨大脱皮殻。。。^^;
最初なんだか分からなくて、近寄ってよーーーく見ると
ゲジの脱皮殻だと分かりました。

大きいから、オオゲジ?
乾燥してクシャッと縮まった状態で、
4cmくらい(胴体部分のみ)か?

オオゲジは『関東以西に分布』だそうだ。
『千葉以西』との表記もあった。

見た目は「うぎゃーっ」だけど、
ゴキブリも食べてくれますよ。
かといって部屋の中に、ゴキかオオゲジか?と
居住の選択肢を迫られたら、ものすごく困るが。
[PR]
by mushikuro3 | 2012-07-10 14:19 | その他

ナナちゃんなう

ミズイロオナガ祭りを続けようとしつつ
日々に忙殺されるうちに、祭り終了。◯| ̄|_
↓の観察日から、ほんの2日ほど「あちこち」状態
が続いただけで、もう、後の祭り。
来年もまた、会いましょう!

連れ合いが、ぼちぼちアップしてるので
ダブりますが。
わたしも、ナナちゃんを。

先々週会った、ナナちゃん
a0130622_14363766.jpg

a0130622_14374456.jpg


このくらいの大きさまでは、よく目につく。
個体数が、まだ多いからだろうか。
デカくなった個体=生き延びた成体ともなると
擬態の名手だし、個体数も減るだろうしで
そう頻繁には見なくなる。

がんばれ!
[PR]
by mushikuro3 | 2010-06-29 14:47 | その他

熊田千佳慕展

昨日、松屋銀座へ熊田千佳慕展に
行って来ました。
a0130622_15414319.jpg

会場限定図録も購入〜♪

平日なのに、とても混んでいました。
やはり先週亡くなったことで、メディアに
取り上げられ、注目を集めているのでしょうか。

中高年と、子供を連れたお母さんが
目立ちましたが、平日のせいもあり女性指数高し。
きっと皆、実生活ではムシなんか見て
キャーキャー言ってると思われ。。。

細かな体毛の1本1本、
関節の、ルーペで見なければ分からない
くぼみや突起に至るまで、極細の面相で
丁寧に丁寧に、色を重ねてありました。
その細部に至るまでが、熊田さんの生き物への
愛情の現れなのだろう。
「省略(ズル)したら、ムシに申し訳ない」とでも
いうように、納得の行くまで描き込まれた絵。

『80歳になって、それまで全然見えなかったものが
どんどん見えるようになってきたんです。
70歳のときはツルツルの葉っぱを描いていましたが、
よく見たら凸凹があることがわかったんです。
虫の羽根にも凹凸や模様がある。それを細かく
描き始めたら、とんでもなく時間がかかってしまって』
(昨年6月の 30ans のインタビューより)


小さな1匹のムシを描くために、
「命を削って描かれている」と思うほど、
思いの丈が注ぎ込まれている。

「レプリカが欲しい」と思った絵はいくつもあったけど。

これなんか、たまらんでした。
a0130622_15404615.jpg

オオクジャクサン(たぶん、ファーブル昆虫記から)
a0130622_161093.jpg


彩色してない、えんぴつの習作が
もうすでにそこで完成されてしまっていて、
これも「欲しい!」と、強く強く思ってしまった。
ラフスケッチなんて、ないんだもん。
パーツ別に、さらに描き込まれていたりする。
トンボの脚なんて、誰が気にするというのだろう。
一切に妥協がない。

前出のインタビューの中でも、
「(こどものための)絵本が嘘を教えてはダメだ」
と、絵本作家になった理由を話されてます。

a0130622_168747.jpg

ビアトリクス・ポターを思い起こしてしまった。
これは「絵」である前に、
『観察記録』なのかもしれない。

図録の他に、グッズも買っちゃった(^_^;);;;
a0130622_164109.jpg

イヌのポストカードと、一筆箋とチケットケース。
オトシブミの絵ですよw

おおまかでいいから、製作年月日と
画材(えんぴつと水彩だろうけど)も
書いておいて欲しかった。
って、フツー常識だろ。

来年の夏、横浜でもう一度会わねば。
『絵は売らない』人だったので、多くの原画が
御自宅に保管されているのだろう。
いつか「美術館」という形で、いつでも
わたしたちが観られる日が来たらいいなぁ。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-20 16:19 | その他
今朝は、久しぶりに(ここ1週間余りの中では)
清々しい朝だったので、イヌたちと谷戸に遠征。
  ↑
 湿度が50%を割ったのは7月20日以来とか

またも居ました、トビナナフシ♪
a0130622_15123468.jpg


前回の個体に比べてひと回りくらい小さいので
おそらく♂と思われます。

    ↑
 単にまだ成虫でないので、小さかっただけのもようw

記述では「オスは、よく飛ぶ」とあったので、
写真を撮った後、ツンツンしてみたら。
慌てて転げ落ちますた。。( ̄□ ̄;)

飛ばなかったけど。
ものすごーく素早かったよ。
ナナフシモドキに比べると、カメとウサギくらいの
差がありやした。 いや、速い速い。フツーの虫並みw

追記:まだ成虫でないので、翅も小さいわけでして。
   だから飛べなくて当然だわな。 見て分かれよ、ぢぶん!
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-15 15:17 | その他

熊田千佳慕さん死去

“日本のプチファーブル”、熊田千佳慕画伯
一昨日の13日、お亡くなりになったそうです。

98才。つい何年か前にも、徹子の部屋や
他の番組で、お元気そうな姿を見て
まだまだ現役で頑張ってらっしゃることを
とても嬉しく思っていたのだけど。。。

今週は、何人かの昭和の芸能人の死去も
報じられたけど、わたし的には熊田さんが
一番ショックだなぁ。。。
ターシャが亡くなった時と同じ寂しさ。

熊田さんもターシャも、一般的には「長生き」なのだけど
半ば彼らは「死なない」ような錯覚すら
覚えてしまっていたから。

折しも、熊田さんは、松屋銀座で
『熊田千佳慕 展』を開催中
だった。
来年は、熊田さんの地元横浜でも、開催予定とのことだが
まだ間に合うから、行って来ようかな。

1枚の絵に、ものすごく時間をかける画家だった。
TVでも、その様子を紹介していたけど、あの細かさだもの。
そりゃ時間かかるわな。 観察やデッサンにも
とても時間をかけて、家の近所の空き地などで
腹這いになってスケッチなさっていた。

天国でファーブルに会えたかな。
心から、ご冥福をお祈りしたいです。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-15 14:52 | その他

トビナナフシ

おぉっ、ナナちゃん♪
と、思ってよく見たら。

翅がありますた。。。
a0130622_1536064.jpg

トビナナフシ
余裕で5cmくらいあったので、♀かな?
メスはデカくて重いので、ほとんど飛ばないそうだけど
オスはよく飛ぶ(滑空する)そうです。
是非、見てみたいもんだ。

クヌギやコナラが好きだというから、
樹上から落ちちゃったんだろうな。

普段、『ナナフシ』と読んでいるアレは、
正式には『ナナフシモドキ』という種です。
他に「ナナフシ」という種が居て、それに
似ている(擬き=モドキ)という意味ではなく、
この場合は「枝のよう(枝みたい)」ってな
意味合いだと思われます。たぶん。

最初っから「ナナフシ」にしちゃえばいいのに。
「目」だって「ナナフシ目」なんだし。

けど、カワイイので許すw
勝手に名をつけたのは、ヒトなんだし。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-08-03 15:49 | その他

オオミスジKGB

KGB(コウガイビル)です。
ピンボケてしまったけど、とりあえず載せちゃお。
オトナしげな風情だけど、ミミズを喰らう肉食なヤツ。
a0130622_2341391.jpg

3本の筋と、40cm長のデカさから
オオミスジコウガイビルだと分かります。

a0130622_2351656.jpg

比較対象物として、らいちんを配してみましたが
結局ブレました。礼智の右上の石垣を這ってます。
ま、なんとなくデカさは伝わるかと。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-07-20 23:11 | その他

ナナフシの川流れ

渓流の中を歩いていたら、
ドンブラ流れて来ました。。。

a0130622_21583746.jpg

風が強かったからねぇ。(^_^;);;;
[PR]
by mushikuro3 | 2009-07-09 21:59 | その他

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も


by mushikuro3