蟲クロ散歩

mushikuro3.exblog.jp

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も

ホシアシブトハバチ

ピンボケですが。。。
a0130622_14445595.jpg

ホストは、エノキ。

蝶や蛾の幼虫には、通常、
3対の「胸脚」(節のある、昆虫本来の「6本脚」)と
4対の「腹脚」(吸盤みたいな脚)、そして
1対の「尾脚」があります。

が、ハバチの仲間の幼虫の腹脚は、通常
6〜7対あり、鱗翅の幼虫と区別することが出来ます。

この↑コは、ハバチにありがちな
「くるるんっ」ポーズをしていて、脚が見えませんねー。
腹脚の説明には、不向きな写真です。(^_^;);;;

説明ついでに。
シャクガ科の幼虫は「腹脚」の数が少ないので
a0130622_15184117.jpg


↑こーいった「尺取り」歩行になります。
ちなみに、このコは正体不明です。
食樹もよく分からんのだけど(イヌシデ?)。。。
ヨモギエダシャクっぽい?

腹脚が吸盤状で不明瞭な鱗翅(イラガ科や
シジミチョウ科)も居ます。
[PR]
by mushikuro3 | 2009-06-26 15:21 | 幼虫〜蛹

ムシを中心に、野鳥や他の生き物も


by mushikuro3